点滴療法外来

はじめてご来院の方へ

携帯サイトQRコード

堀口クリニックfacebook

患者の気持ち

当院で行う点滴療法の種類

高濃度ビタミンC点滴療法

サプリメントのイメージ

血中に高濃度のビタミンCを入れることで、がん治療、がん予防、放射線被爆障害に効果があると言われています。また、アンチエイジングにも高い効果が期待できます。
超高濃度ビタミンC療法は、目的によって容量、頻度が異なります。

当院では、アイルランド工場から冷蔵コンテナで日本に輸入しているマイラン社製のビタミンC注射液を使用しております。
ビタミンC注射薬は温度管理が重要で、製造工場からクリニックに届けるまで2℃~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。
マイラン社製のビタミンC注射液はこの規則を唯一守っている、FDA(米国食品医療品局)認可の薬液です。

マイヤーズカクテル

マイヤーズカクテルは、アメリカのメリーランド州の開業医John Myers博士が開発したビタミンやミネラルなど混合の点滴療法で、彼は30年以上にわたり多くの気管支喘息や慢性疲労、うつ病など多くの患者さんを改善しております。

マルチビタミンやミネラルは内服だけでは、血液中の濃度が高まりにくいため、高濃度のビタミン、ミネラルをブレンドした点滴で血液中の濃度を高めます。

次のような症状でお悩みの方にお勧めします

グルタチオン療法

パーキンソン病の点滴療法です。グルタチオンは脳に最も重要な抗酸化物質の一つであり、パーキンソン病疾患の脳内において、このグルタチオンが減少していることが分かっています。
海外の研究チームがパーキンソン病患者にグルタチオン療法を行い、非常に有効な治療法であると報告されています。現在も臨床研究が進行中です。パーキンソン病の進行防止の場合、有効率は40~60%で、劇的な効果がある場合からまったく無効である場合もあります。

次のような症状でお悩みの方にお勧めします

にんにく注射

プロスポーツ選手の方が疲労回復目的で活用しており、かつて話題になった注射です。副作用もなく、気軽に疲労回復できる方法にて、速攻性も高く日頃疲れがたまっている方、どうしても休めない人にお勧めいたします。

にんにく注射と呼ばれていますが、実際は「にんにく」が入っているのではなく、注射薬の「ビタミンB1」の匂いが「にんにく」に似ていることから名前が付けられています。効果は1~2日間と短いですが即効性が高く、重要な仕事や行事の前日、疲労困憊時などに行うのが効果的です。

次のような症状でお悩みの方にお勧めします