アスリート外来

はじめてご来院の方へ

携帯サイトQRコード

堀口クリニックfacebook

患者の気持ち

アスリートメディカルチェック(内科的)

①今まで出来た普段の練習がこなせない、なかなか調子が上がらないなど既に症状がある場合

主な検査項目

  • 栄養状態(総蛋白、アルブミン)
  • 貧血(血清鉄、フェリチン)
  • 肝機能(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 腎機能(BUN、Cr)
  • 甲状腺機能(f-T3、f-T4、TSH)
  • 筋肉疲労度チェック(CPK)
  • 骨疲労度チェック(ALP:疲労骨折前段階マーカー)
  • 男性ホルモン値(遊離テストステロン:LOH症候群)
  • 女性ホルモン(エストラジオール、LH、FSH:視床下部性無月経)

など

採血は一回ではなく、経過の中で何回か採血し前値と比較しながら推移をみていく場合があります。
また必要に応じて心電図検査や肺機能検査、尿検査、胸部レントゲン写真、骨粗鬆症検査などを追加します。

②日頃のトレーニング効果や大会参加前の仕上がり状態をみる目的
 (自費診療となり医療保険は使えません)

アスリート喘息(運動誘発性喘息)

運動開始早期や運動終了後に呼吸困難や喘鳴(ぜんめい:ヒューヒュー、ゼイゼイ)、動悸などの喘息発作症状が出ることです。

※また当院ではドーピングに対して心配のいらない使用可能薬を処方します。また使用可能な薬のアドバイスも行います。