AGA外来(薄毛治療)

はじめてご来院の方へ

携帯サイトQRコード

堀口クリニックfacebook

患者の気持ち

AGA(エージーエー)とは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

AGAのイメージ

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGAの特徴

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGAでは普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

AGAは進行します

AGAのイメージ

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。
AGAは進行性です。 何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなって いきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

AGAの進行パターン

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ頭頂部から薄くなるタイプこれらの混合タイプ などさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAの原因の発見

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が 多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

AGA治療薬について

これまでに民間療法から医薬品まで多種多様な育毛剤(塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど)が開発されてきました。近年、AGA(エージーエー)の原因が明らかにされ、「飲むタイプの治療薬」が登場したことで、根気よく治療を続ければ抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。
AGA(エージーエー:男性型脱毛症、壮年型脱毛症)の効能・効果が認められている医薬品には下記のものがあります。AGA(エージーエー)は進行性ですので、何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り、徐々に薄くなっていきます。この薄くなっていくのを抑えるのも、AGA(エージーエー)治療では重要です。

※AGA(エージーエー:男性型脱毛症、壮年型脱毛症)の効能・効果が認められている主な医薬品

タイプ 主成分
飲むタイプ フィナステリド
頭皮につけるタイプ 塩化カルプロニウム
ミノキシジル